2018/12/11

CAESES 4.4.1がリリースされました

CAESES® 4.4.1を2018年12月6日にリリースいたしました。

詳細は開発元のニュースか次の和訳を御覧ください。


最新バージョン4.4用の新しいメンテナンスバージョンのCAESES®をリリースしました。

1.バグの修正

●Win10でCAESES®を実行する際のエディタ問題を解決しました。

●Dakotaの最適化で、NaNの取り扱いに問題があり、NaNが再び機能するようになりました。

●非常に古いプロジェクトファイルの下位互換性の問題(ソフトウェアコネクタのエントリが失われる問題)が修正されました。

●Y平面内の補間曲線の角度設定を修正しました(互換性に関する注意事項を参照)。

2.改善

これらの重要なバグ修正に加え、CAESES®4.4.1に興味深いアップデートでいくつかの面白いものがあります。

●オブジェクトエディタ、特に多数のエントリを持つオブジェクトのパフォーマンスが大幅に向上しました。

●今日の最適化を最も効率的に使用するため、最新のDakotaバージョンにアップグレードすることをお薦めします。

●FSplineカーブタイプの曲率設定にアクセスし、オブジェクトエディタで操作することができます。

●フィーチャ定義の変更を適用すると、既存のフィーチャインスタンスは自動的にインタフェースを更新します(マニュアルの選択解除と選択はもう必要ありません)。

3.互換性に関する注意事項

任意にポイントデータに角度を追加するとき、2D補間カーブ内の角度設定を修正する必要がありました。バージョン4.4.0では内部の角度の使用法が正しくありませんでした。再び互換性を持たせるために必要なことは、入力角度から90度を引くことです。この修正は、補間曲線がY平面でモデル化されている場合のみ、既存のモデルに影響を与える可能性があることに注意してください。