自動車エンジンの内部パイプラインの最適化計算

 エンジンの排気ガスを処理するディフューザーは、その流れ性能がエンジン性能全体に重大な影響を及ぼします。最適化にCAESES®を用いると、より良い構造を得ることができ、流れ抵抗をより効果的に減らすことができます。


 ディフューザーを通過する高温排気ガスの流量は約1kg / sであり、温度は500℃と高く、90°方向変換する必要があり、横断面の変化は流れ特性に大きな影響を与え、エンジン全体の性能に影響を与えます。




 CAESES®はパラメトリックモデリングを確立し、形状と体積の制約を設定することで、すべてのバリエーションがエンジンの体積要件を満たすことができ、実際の設計に使用することができます。


 


 最適化後、得られた構造は、出口での圧力損失を6.7%減らし、出口での流量均一性を約1.2%向上させました。 同時に、最適化プロセス全体の時間が数ヶ月から数日に短縮されました。