電気自動車のモータ熱設計の最適化

 モータの高出力化のためには出力向上に伴う発熱量増加に対応するための冷却性能の向上が大きな課題となります。そこで、冷却性能を向上する方法を考案した。この冷却性能向上方法を用いることでモータを大幅に高出力化したEVシステムが新たに開発され、CAESES®を中心としたモデル作成、CFD最適化計算を実行しました。

 fullmodel_770x677_02.GIF

CAESES®を用いたモータの全体モデルの作成

coolpipe_639x670.gif

冷却パイプの変形様子

stator_rotor.gif

ステータ及びロータの変形様子


CFD計算を実行し、初期モデルの温度分布は下記の通りです。

temp_contour.png


 冷却パイプのサイズを設計変数にして、CAESES®を用いた最適化を実行しました。結果、最高温度は96.4℃から92.9℃に3.5℃下がりました。



optimization.png