船体の最適化

流れ場解析ツールと組み合わせたCAESESのパラメトリックモデリングの船体は、さまざまな形状の船体の研究を容易にし、船体抵抗を低減し、船体性能を最適化する最適設計を可能にします。


船体、特にフロントエンドの形状は、船体抵抗に大きな影響を与え、船体形状の最適化にとって重要です。 CAESESでは、船体を容易にパラメトリックにモデル化し、船体の形状を簡単に調整することができます。複数の幾何学的変形を自動的に生成し、分析ツールと組み合わせてさまざまな最適化の目的に従って設計を最適化できます。

下の図は、容量14,000立方メートル、長さ365.5メートル、積載量165,517トンの世界最大の巨大コンテナ船を最適化するためのCAESESの使用例です。

QQ图片20180912094332.jpg

パラメトリックモデリング、フローフィールド解析、最適化アルゴリズムによって得られた全船体抵抗は、波抵抗はベースラインの50%以下になり、推進性能を向上させ、船体の耐久性を高め、最良の流動特性を有ります。