無人航空機の最適化


無人航空機は、無線遠隔制御装置および内蔵型プログラム制御装置を使用して操作される無人航空機です。 無人固定翼機、無人垂直離着陸機、無人飛行船、無人ヘリコプター、無人マルチローター機、無人翼機などに分けられる。

UAVは航空写真、農業、植物保護、セルフタイマー、速達、災害救助、野生生物の観察、感染症の監視、地図作成、ニュースレポート、電力検査、災害救助、映画やテレビの撮影などに使用されます。


主なこと:

1.パラメータ化された翼、ブレードの数、ブレードの形状、取り付け角度などを調整可能

2.シミュレーション自動化プロセスを構築するためにCFDツールを連携する

3.多目的最適化アルゴリズムを使用して翼を最適化する


image5.gif

ブレードの数による変形


image6.gif

翼弦長による変形


image7.gif

角度による変形


image8.gif

厚さによる変形


image9.gif

チャンバーラインによる変形


image10.gif

傾斜角度による変形